動画編集ソフト「Avidemux」の導入と使い方

  • LINEで送る

動画編集ソフト「Avidemux」の導入と使い方

Avidemux は、Windows や Linux , Mac OS X  のための無料、オープンソースの高機能なビデオエディタです。

エンコーディング(あるフォーマットから別のフォーマットにビデオを変換)、カッティング(記録から特定の部分をカット)、フィルタリング(リサイズ、デインターレース、字幕の追加、色調補正など)などのさまざまな機能を備えています。

AVI, MP4, ASF,  MPEG, MKV など一般的なコーデック及びファイルをサポートされています。 自動でビデオ処理や編集処理を行うには最適なビデオエディタです。 32ビットと64ビットの両方のバージョンがあります。

   • Avidemux

「Avidemux」の導入と使い方

  1. 「Avidemux」のインストール方法
  2. 「日本語化」の方法
  3. 「編集」の方法

 

1.「Avidemux」のインストール方法

まず、高機能ビデオエディタ「Avidemux」を ダウンロードサイト からダウンロードします。

 

お使いの PC の OS および、Winndows の場合は、64bit または 32bit バージョンから、選択してダウンロードしてください。

その後、セットアップ画面が表示されますので、

「Next」をクリックします。

次に、ライセンスに同意するか否かの画面が表示されるので、「I Agree(同意する)」をクリックします。

続いて「Next」をクリックします。

デスクトップにアイコンを表示する設定するなどの画面ですが、そのまま「Next」をクリックします。

そのまま「Next」をクリックします。

続いてフォルダーの場所を確認して「Install」ボタンをクリックします。

すぐにインストールが始まり、終了すると、下の画面が表示されます。

上の画面のように、「Run Avidemux 2.6 – 32 bits now」にチェックボックスにチェックが入っていると「Finish」をクリックすると、すぐに「Avidemux」が起動します。

 起動

Avidemux が起動すると、下の画面が表示されます。

上の画面は、起動していますが、まだ、日本語化されていません。

日本語化するには、一旦終了して起動していない状態にします。

「Avidemux」のフォルダを開くには、デスクトップのアイコンを選択して右クリックして「ファイルの場所を開く」を選択します。

すると、「Avidemux」のフォルダが開いて、すべてのファイルを表示されている状態になります。 日本語化するには、下の手順になります。

 

2.  「日本語化」の方法

Tilt さんのサイトから日本語ファイルを入手します。

*入手したファイル(Avidemux_v2.6.15jp)

入手したファイルを解凍します。

解凍すると、avidemux_ja.qm と ReadMe.txt の2つのファイルが出てきます。

その解凍したファイルの avidemux_ja.qm をコピーしてしておきます。

次に、Avidemux2.6-32bit のファイルの中の

qt5 の中の

i18n の中に

先程、コピーしておいた、 avidemux_ja.qm を i18n のなかにペーストします。 これで、日本語化の完了です。

下の画面は、日本語化された「Avidemux」を起動した状態です。

 

3.編集の方法

ファイルの読み込み

「Avidemux.exe」を実行して「起動」します。

起動すると、下の画面のように表示されるので、メニューバーの 「ファイル」 をクリックして 「開く」 から、編集したいファイルを読み込みます。

上の画面は、ファイルを開いた状態です。

また、動画を結合する場合は、「追加」をクリックして編集する動画ファイルを開きます。

*尚、ファイルのフォーマット(拡張子、画像サイズ、コーデック等)が同じでない場合は

 

最初のファイルと次のファイルが異なると、このような、ダイアログが表示され、

 

追加することが出来ません。

動画の結合の場合は、必ず、 拡張子、画像サイズ、コーデックなどが同じ動画を追加します。

 不要な画面のカット

不要な場面がある場合は、カットしたい場面の始点(最初のキーフレーム)と終点(最後のキーフレーム)を決めます(カットしたい場面の範囲の選択)。

始点を決めたところで、 ボタンをクリックします。

終点を決めたところでは、 ボタンをクリックします。

範囲の選択が完了したら、「編集」 から 「カット」をクリックします。 これで、不要な場面のカットが出来ました。

*間違った場合は、「編集」の「編集の破棄」をクリックします。 すると、下記のダイアログがでます。

 

「はい」でカットする以前の状態に戻ります。

 フィルター

映像と音声には、様々なフィルターをかけることが出来ます。

 映像にフィルターをかける

メニューバーの「映像」 から 「フィルター」を選択します。 すると、「映像フィルターの管理」のウィンドウが現れます。

 

フィルターを利用するには、設定したいフィルター名をダブルクリックします。  ダブルクリックすると設定ダイアログが表示されるので、数値を入力して設定します。

*数値設定がなく、ダイレクトに 「アクティブなフィルター」 になるものもある。

複数のフィルターを利用することも出来ます。 

 

 音声にフィルターをかける

音声にもフィルターをかけることが出来ます。

メニューバーの 「音声」 から 「フィルター」 を選択します。

 

使用できるフィルターは

• フレームレート変更

• DRC (Dynamic Range Compression ) – 音声信号の圧縮

• リサンプリング

• Shift audio – 音声のずれを補正

• Mixer

Remix – 音素材の再構成

ミキサ : (ステレオ、ステレオ-サラウンドなど)

• Gain( = 利得 [ 1dB 以下で表す] )(ゲイン=電気回路の入力と出力の比)

ゲインモード 

ゲイン値

(音量の調整)

等があります。

映像フィルター

映像フィルターを利用する場合は、「利用可能なフィルター」をダブルクリックします。

まず、映像フィルターを使用するため、映像を開きます。

任意を映像を「ファイル」から「開く」をクリックします。

今回は、「天城越え 石川さゆり.mp4」を開きました。

この映像にロゴを追加したいと思います。

メニューバーの「映像」の中の「フィルター」をクリックします。

すると、「映像フィルターの管理」の画面が表示されます。

「ロゴを追加」を使用する場合は、「ロゴを追加」をダブルクリックします。

「ロゴを追加」をダブルクリックすると、下の画面が表示されます。

ここで、「Select」をクリックしてロゴをファイルから選択します。

ファイルの中からロゴを選択すると、

上のように、映像の X座標=0、Y座標=0のところに、ロゴが表示されます。

X, Y の値を変更して、任意の場所にロゴを表示することが出来ます。

今回は、X=250、Y=0のところに、ロゴを追加しました。

この場所で良ければ、次に、ロゴを表示する場所、時間を

上のセレクターレバーを操作してロゴを表示するところを選択します。

今回は、最初から最後までロゴを表示するようにします。

セレクターレバーを最初から最後まで移動します。

これで、ロゴが最初から最後まで映像に表示されます。

最後に「OK」をクリックします。

「OK」をクリックして、画面右下にある

フィルターを適用して再生」にチェックを入れ、「 再生ボタン」をクリックします。

映像が再生され、ロゴも表示されています。

続いて、映像が再生されても、ロゴは常に表示されています。

以上で、「映像フィルター」の「ロゴの追加」の使い方です。

尚、映像を保存する場合は、以上の設定で良ければ、

映像出力の設定を下のようにしてみます。

「映像出力」の中から

 

「Mpeg 4 AVC (x264)」を選択

「構成」をクリックすると、

上のように、「構成設定」をして「OK」をクリックします。

「フィルター」をクリックすると、

「映像フィルターの管理」の画面が表示されるので、

「ロゴの追加」をダブルクリックして、先程のようにロゴを選択します。

以上の設定で、メニューバーの「ファイル」から「保存」をクリックします。

すると、下のようなダイアログが表示されます。

ファイルを「エンコーディングしています…」と表示されます。

エンコーディングが完了すると、

「完了」画面が表示され、ファイルが正しく保存されます。

ファイルが保存されたので、確認したいと思います。

先程、保存したファイルを開きます。

すると、上の画面のように動画ファイルが開き、右上にロゴが表示された動画が再生されています。

以上で、「映像フィルター」の使い方の解説です。

その他のフィルターも試してみて下さい。

SNSでもご購読できます。