スニペット

  • LINEで送る

スニペットとは?

スニペットとは、一般的には「切れ端」「断片」「わずか」という意味の英語である。 IT 用語としては、情報処理の分野ではよく使う短いプログラムコードを 統合開発環境∗ ¹ から呼び出す機能の事である。 検索エンジンによって表示される検索結果の一部として表示される、短いコードの事(要約文)をスニペットと呼ぶ場合もある。

プログラムを作成する際には、頻繁に利用される「記述の繰り返し」や「微妙な変更」を加えるだけで使うことができるパターンを「スニペット」として登録しておけば、そのコード(要約文)を呼び出して貼り付けるだけで簡単に表示することが出来ます。

検索エンジンが示す「要約文」という意味での「スニペット」に対して、プログラムの「断片」という意味の「スニペット」を、「コードスニペット」と呼ばれる場合もあります。

 

*1.統合開発環境 ( IDE : Integrated Development Environment )

 

出典:ウィキペディア

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。