PHP入門・ローカル開発環境の構築(MAMP編)

  • LINEで送る
プログラミング

MAMPでローカル開発環境の構築

 

Webサイトを作る上で、いきなり本番のサーバーに上げる訳にはいきません。

そこで、ローカル開発環境の構築が必要になります。

つまり、サイトを公開できるまで、ローカル(自分のPC上)でサイトを開発していくことになります。

MAMP は PHP の開発環境として使われます。

MAMP は、サーバーは Apache, データーベースは MySQL, プログラミング言語は PHP を、これらを一括で扱うことが出来ます。

今回は、MAMP (Windows用)を導入したいと思います。

  1. MAMPのインストール
  2. MAMPの起動
  3. ファイルの設置

 

MAMP のインストール

まず、MAMP の ダウンロードサイト からダウンロードします。

FREE で使える MAMP の方を選びます。(もちろん、Apache, MySQL, PHP すべて備わっています) 「ダウンロード」ボタンをクリックします。 次の画面では

Mac バージョンと Windows バージョンの選択ができますが、OS がWindows の場合は、既に Windows バージョンが選ばれています。

「MAMP & MAMP PRO 3.2.2(Windows)」にある「ダウンロード」ボタンをクリックします。

直ぐにダウンロードが始まります。 ダウンロードが終了してファイルを解凍すると、Setup Wizard 画面が現れます。

「Next」をクリックして、インストールを進めます。

MAMP PRO のチェックを外してから「Next」をクリックします。 (「MAMP PRO」 を使いたい場合はチェックが入ったままでOK)

I accept the agreement (同意する)の方にチェックがあるか確認して「Next」をクリックします。

C ドライブに MAMP が格納されているのを確認して「Next」をクリックします。

フォルダの名前(MAMP)を確認して「Next」をクリック。

 

Create a desktop icon のチェックが入っているのを確認して「Next」をクリック。

*デスクトップに MAMP のアイコンが必要でなければ、チェックを入れる必要はありません。

以上の準備ができたら「Install」をクリックしてインストールを始めます。

インストールが完了するましばらく待ちます。 完了すると下のような画面が表示されます。

以上で MAMP のインストールが完了しました。

 

MAMP の起動

デスクトップの MAMP のアイコンをダブルクリックすると、下記の画面が現れて接続が開始されます。

Apache Server (Webサーバー) と MySQL Server (データベース) の横の に緑色が点灯すると、接続が完了した合図になります。

接続が完了すると、次に「Preferences」をクリックします。

 

すると、「Preferences」の画面が開きますので、「Ports」をクリックします。

この 「Apache Port」 の 「80」 を覚えておきます。(MAMP は開いたままの状態にしておきます。)

これで、プログラムを書いていく準備が整いました。

 

ファイルの設置

次は、テキストエディタに PHP のプログラムを書いてみます。

今回は、テキストエディタとして、「Sublime Text」を使用します。

このようなコードを書きました。 (下図は拡大したもの)

「test.php」として、phpファイルを設置します。

ファイルの設置場所は

「C:¥MAMP 」として、C:ドライブに格納されています。

「MAMP」 の中に 「htdocs」があります。

その 「htdocs」 の中に 「test.php」 を配置します。

階層的には

「MAMP」 > 「htdocs」 > 「test.php」 になります。

これで、ファイルの設置の完了です。 PHP のプログラムが正常に表示されるか、ブラウザで確認します。

「http://localhost/text.php」 にアクセスしてみます。

 

この様に表示されましたので、成功です。

以上で Windows での 「MAMP」 の設定が完了しました。

「ローカル開発環境の構築」(MAMP編)の設定の終了です。

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。